×

【天皇賞・春】カラ馬・シルヴァーソニック“2番手”でゴール その後転倒も「大きな怪我はなし」

[ 2022年5月1日 16:11 ]

G1・天皇賞・春 ( 2022年5月1日    阪神競馬場 芝3200メートル )

<天皇賞春>落馬後、馬運車に乗るシルヴァーソニック(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 天皇賞・春は波乱の幕開けとなった。

 ゲートが開いた直後に17番・シルヴァーソニックの騎手・川田が落馬。その後はカラ馬ではあったが、先団馬群で走って、勝ったタイトルホルダーに続いて2番目でゴール。しかし、その後に1角付近の外ラチにぶつかって転倒した。

 しばらくは横たわっていたため、場内は騒然としたが、その後に立ち上がって馬運車でコースから引き揚げた。

 社台サラブレッドクラブはホームページで「すぐに馬体をチェックしたところ、右前脚管の前面と左腕の外側に擦過傷があり、ラチに接触した際に負ったと思われます。いまのところ跛行等は呈しておらず、大きな怪我は見当たらないとの報告が入っています」と伝えている。

続きを表示

この記事のフォト

「札幌記念」特集記事

「北九州記念」特集記事

2022年5月1日のニュース