×

【天皇賞・春】ディープボンド2着、G1の1番人気また勝てず 和田竜「勝ち馬にあの競馬をされては」

[ 2022年5月1日 16:09 ]

G1・天皇賞・春 ( 2022年5月1日    阪神競馬場 芝3200メートル )

<天皇賞・春>2着に終わり引き揚げるディープボンド (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 1番人気のディープボンドは昨年に続く2着に終わった。

 大外枠からのスタートもなんの、スタンド前までにラチ沿いへ。道中は逃げるタイトルホルダーから10馬身ほど離された先団を追走した。しかし、肝心の勝負どころの手応えがひと息。ゴール前でテーオーロイヤルをかわして2着に上がるのが精いっぱいだった。

 これでG1の2着は昨年の天皇賞・春、有馬記念に続いて3回目。悲願は次走以降に持ち越しとなった。騎乗した和田は「いいスタートを切れましたし、リズムを崩さないように行きました。ロスなく行けたけど、向正面から手応えが厳しかった。それでも差し返したし力を見せたけど、勝ち馬にあの競馬をされてはね」と振り返った。

 最近のG1は1番人気が勝てない状況が続いている。22年はフェブラリーSのレッドルゼルが6着、高松宮記念はレシステンシアが6着、大阪杯はエフフォーリアが9着、桜花賞はナミュールが10着と馬券外で、皐月賞ではドウデュースが3着に入ったものの、タイトルには届かなかった。

 昨年最後のG1だったホープフルSでもコマンドラインが12着。天皇賞(春)のディープボンド2着により、JRAのG1では7戦連続で1番人気が勝てない状況となっている。

続きを表示

「札幌記念」特集記事

「北九州記念」特集記事

2022年5月1日のニュース