×

【天皇賞・春】G1初挑戦テーオーロイヤルは健闘3着、菱田「改めて素晴らしい馬だと思いました」

[ 2022年5月1日 16:49 ]

G1・天皇賞・春 ( 2022年5月1日    阪神競馬場 芝3200メートル )

<天皇賞・春>3着に終わり引き揚げるテーオーロイヤル(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 G1初挑戦だったテーオーロイヤルは見せ場たっぷりの3着だった。

 序盤は好位の内で運び、3角過ぎからは逃げるタイトルホルダーをただ1頭、追いかける形。直線に向くと突き放され、ゴール前ではディープボンドにかわされて3着に終わったが、地力強化を示す内容だった。

 菱田は「改めて素晴らしい馬だと思いました。ポジションも理想的で、直線は勝ち馬を捕らえにいくだけだというところまで行きました」とパートナーをたたえた。また、レース後の様子にも触れ、「初めて、レースが終わって疲れた様子を見せていましたね。今日がまた成長するきっかけになれば」と前を向いた。

続きを表示

「札幌記念」特集記事

「北九州記念」特集記事

2022年5月1日のニュース