×

【金鯱賞】レイパパレ 我慢ができた、高野師「どういう状況でも対応できるように」

[ 2022年3月10日 05:30 ]

坂路で追い切るレイパパレ(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 坂路追いのレイパパレは内ラチ沿いでリードホースの後ろにピタリと付けた。道中で外ラチの方へスッと誘導。しまい促されて4F52秒7~1F12秒2をマークした。高野師は「僚馬を先行させて、真後ろで我慢させる形。1F手前で右(外ラチの方)へ出しての単走。うまくいきました。先行馬がそろう中で、どういう状況でも対応できるように」と説明。本番を頭に入れた稽古ができた。今回は3走ぶりに川田とのコンビ。「ずっとレースに乗っていますし、この馬のことをよく知ってくれていますから」と全幅の信頼を寄せた。

続きを表示

「小倉記念」特集記事

「関屋記念」特集記事

2022年3月10日のニュース