×

【フィリーズR】テイエムスパーダ 坂路でハツラツ、国分恭は師匠・五十嵐師の馬でクラシックへ

[ 2022年3月10日 05:30 ]

坂路で追い切るテイエムスパーダ(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 テイエムスパーダは坂路単走でハツラツとした動きを見せた。馬なりで4F53秒0~1F12秒1を計時。感触を確かめた国分恭は「軽くなり過ぎずにという指示。動きは良かったです。追い切りでは自分からハミをとってくれますね」と好調をアピールした。前走は半年ぶりの休み明けでV。上積みも見込めそうだ。ここできっちりと権利を取って本番へ。「五十嵐先生はボクの師匠。師匠の馬でクラシックに行ければ」と意気込みを伝えた。

続きを表示

「札幌記念」特集記事

「北九州記念」特集記事

2022年3月10日のニュース