×

【静岡・KEIRINグランプリ2021】平原 悲願届かず2着、それでも「すがすがしい」

[ 2021年12月31日 05:30 ]

<KEIRINグランプリ2021>絶好の展開も2着に終わった平原(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 今回で12回目のグランプリ挑戦、悲願の初Vを狙った平原は2着に終わった。吉田―宿口―平原の関東3車で出切った時は絶好の展開に思えたが、4番手から捲った古性のスピードに対応できなかった。平原は「しっかり吉田君が先制して番手の宿口君も頑張ってくれた。関東3人でうまく連係できたのは良かった」と意外なほどサバサバした表情で振り返った。「前の2人はかなり悔しそうにしていたけどね。自分は気分的にはすがすがしい。来年は13回目?頑張って、またこの舞台に立てるようにしたい」と話した。 

続きを表示

この記事のフォト

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2021年12月31日のニュース