×

【中山金杯】ウインイクシード 動きまずまず、得意舞台で今度こそ1着

[ 2021年12月31日 05:30 ]

 中山金杯常連(20年2着、21年3着)のウインイクシードが欲しいのは1着のみ。鈴木伸師は「放牧から帰ってきて動きはまずまず。年齢を重ねたが、現状維持できている」と明け8歳となる愛馬の充実ぶりに目を見張る。中山芝では【2・4・3・4】の安定ぶり。「この舞台は得意としているので何とかしたい」と期待の口ぶりだった。

続きを表示

「2022 宝塚記念」特集記事

「トリプル指数」特集記事

2021年12月31日のニュース