【ステイヤーズS】追ってひと言

[ 2021年12月2日 05:30 ]

 ▼アイアンバローズ(上村助手)休み明け3走目なので体はできています。この中間は折り合いを重視した調整をしています。

 ▼アスティ(堀井師)小回りコースが合っている馬。掛かる心配がないし血統からも距離は大丈夫。

 ▼アドマイヤアルバ(高梨助手)状態は変わらないが、少しピリッとしてきた。近走も大きくは負けていないし、展開ひとつで好走可能。

 ▼ヴァルコス(友道師)前走は距離不足で1年ぶりと久々でもいい競馬をしていました。叩いた上積みはあるし、得意の長距離なので期待しています。

 ▼カウディーリョ(堀師)反応、体のこなし、息遣いはいいが、テンションが高く心身のまとまりが悪い。輸送競馬で当日の気配が鍵。いろいろ工夫して臨む。

 ▼ゴースト(橋口師)ピリッとさせたくてしまいに気合をつけてもらった。先週追った後から、雰囲気が良くなってきました。

 ▼シルヴァーソニック(池江師)前走は距離不足の中でも着順、内容とも悪くなかった。長距離は合っています。急仕上げの分がどう出るかですね。

 ▼ディバインフォース(寺島師)相手がオープン馬(ジュランビル)ですし、よく動きましたね。夏を越してから2回使って、状態は良くなっています。

 ▼トーセンカンビーナ(加藤征師)今季は状態がいいし、前走よりも上がっている。距離延長は大歓迎。課題のゲートも練習を積んでいる。

 ▼バレリオ(相沢師)動きはまずまず。状態は悪くない。掛からなければ距離は持つと思う。切れる脚がないので、ある程度のポジションを取りたい。

 ▼ボスジラ(国枝師)いい感じで走れて動きは良かった。距離はやってみないと何とも言えない。

 ▼マンオブスピリット(斉藤崇師)ジリジリとだけどしまいまでしっかり動いていました。前走は去勢の効果も見られたと思います。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2021年12月2日のニュース