【チャンピオンズC】ソダシ抜群の末脚!牝馬初の“二刀流”芝&ダートG1制覇へ態勢万全

[ 2021年12月2日 05:30 ]

<チャンピオンズC>吉田隼を背に坂路で追い切るソダシは単走でパワフルに駆け上がる(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 「リアル二刀流」の大谷に続け!「第22回チャンピオンズC」(5日、中京)でダート初挑戦の桜花賞馬ソダシが1日、栗東坂路で最終追い切りを行い、4F51秒8~1F11秒8の好時計をマークした。久々の単走追いでも抜群の末脚を披露。“元祖二刀流”クロフネの血を受け継ぐ白毛のアイドルホースが、牝馬初の芝ダート両G1制覇の偉業に向け、万全の態勢を整えた。同レースは2日に出走馬と枠順が決まる。

 今までとは違う光景だった。ソダシが、ただ1頭で坂路を駆け上がっていく。14秒1→13秒6→12秒3と徐々にペースアップ。ラストは「1頭で走るとスピード感がないので“最後まで頑張れ”と気合をつけた」と吉田隼に気合をつけられ、パワフルに駆け抜けた。

 単走での最終追い切りは昨年阪神JF以来2回目。近走は2頭併せで追走、先着する追い切りがルーティンだったが「併せ馬で後ろからかわすと、かわしてから突き抜けない。相手の調教になってしまう」と鞍上。ラスト1F11秒8は、この日の栗東坂路延べ938頭で最速。桜花賞1週前(4F52秒4)時にマークした自己最速にも並ぶ鋭い末脚を引き出した。須貝師も「精神的にも雰囲気も落ち着きがあっていい」と満足げに愛馬を見つめた。

 白毛馬として芝で歴史を塗り替えてきたソダシ。血統背景からはダートでも大成する可能性を秘めている。父は元祖二刀流のクロフネ、母は全4勝をダートで挙げたブチコ。吉田隼も「2歳の時からパワーもあって、血統背景からも走り方的にも面白そうだと思っていた」と話す。実際に初めてダートコースで行った2週前追いで砂6勝の先輩馬アディラート(7歳オープン)相手に手綱を持ったまま楽に先着。指揮官は「スムーズな動きを見せてくれた。適性はないっていう方ではなく、あるとみた方がいい」とダート挑戦への手応えをつかんでいた。

 2歳時から完成度は高かったが、今秋は坂路で自己ベストを連発するなどさらに成長を遂げている。「パワーもアップしているし、坂路でしまいを生かす調教でも12秒を切れなかったのが、11秒台で上がってこられるようになったり瞬発力もついてきた。しっかりしてきたのかな」。デビューからコンビを組む吉田隼はこう話した上で「二刀流が話題になっているので、ソダシにも二刀流になってほしい」と締めくくった。

 芝ダート両方でのG1制覇なら史上6頭目、牝馬では初の偉業となる。日本人メジャーリーガーが世界を熱狂させた2021年。競馬界でもアイドルホースが前代未聞のリアル二刀流を成し遂げる。

続きを表示

この記事のフォト

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2021年12月2日のニュース