【阪神新馬戦】フェズカズマ 立ち遅れスタートも挽回V!安田隆師「馬の形からもダートが良さそう」

[ 2021年6月20日 05:30 ]

阪神5Rの新馬戦を快勝したフェブカズマ(牡2=安田隆、父ドレフォン)
Photo By スポニチ

 阪神5R(ダート1200メートル)は世代最初のダート戦。スタートで立ち遅れながら挽回したフェズカズマ(牡=安田隆、父ドレフォン)が抜け出し、1番人気に応えた。川田は「ゲートの中で強く後ろにモタれたので出られませんでしたが、その後はいろいろなことを勉強できるレースになりました」と回顧。安田隆師は「ノーステッキで、しっかり伸びてくれた。馬の形からもダートが良さそう。しばらく番組がないので今後は放牧に出します」と語った。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2021年6月20日のニュース