【ユニコーンS】大波乱の主役はスマッシャー! 坂井「自信があった」

[ 2021年6月20日 17:43 ]

<東11R ユニコーンS>ユニコーンSを制した坂井はスマッシャーの鞍上でガッツポーズ  (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 東京11Rの第26回ユニコーンS(ダート1600メートル)は7番人気のスマッシャー(牡3=吉岡、父マジェスティックウォリアー)が鮮やかに差し切り、重賞初挑戦で初制覇を果たした。2着は14番人気のサヴァ、3着は3番人気のケイアイロベージ。3連単は79万3400円の大波乱となった。

 坂井は「いい脚でした。レース自体がスムーズで、進路ができてからは届くだろうという感じでした。1400で勝ってきたけど、しまいがしっかりしているので、1600は間違いなく合うと自信を持っていました」と冷静に回顧。「まだまだ伸びしろがある馬です」と、今後の成長にも期待した。

 スマッシャーは父マジェスティックウォリアー、母スマッシュ(母の父キングカメハメハ)の血統。祖母のロフティーエイムは06年の福島牝馬Sを制している。

続きを表示

この記事のフォト

「2021 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2021年6月20日のニュース