【阪神新馬戦】待望デビューのキタサンブラック産駒 初陣コナブラックは3着 福永「長めの距離で」

[ 2021年6月20日 13:15 ]

<阪神5R・2歳新馬> デビュー戦で3着だったキタサンブラック産駒のコナブラック (撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 新種牡馬のエース格、G17勝を挙げたキタサンブラックの産駒が待望の初陣を迎えた。阪神5Rの2歳新馬(芝1600メートル)でコナブラック(牡=清水久)がデビュー。2番人気に支持されたものの、好位から伸び切れず、3着に終わった。

 それでも福永は上々のジャッジ。「非常に素直な馬で、上手に走ってくれました。結果的に瞬発力勝負で分が悪かったですが、ゴールしてからも勢いは止まってなかった。スタミナはありそうだし、長めの距離で」と適性を示唆した。

 父も手がけた清水久師も「まずまずでしたね。うまいこと立ち回ってくれました。最後は切れ負けした感じですが、長くいい脚を使ってくれたと思います。距離は詰めるよりは長くてもいいかなと思います。これからですね」と手応えをつかんでいた。

 2歳世代のキタサンブラック産駒は83頭が血統登録されている。

続きを表示

「クイーンS」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2021年6月20日のニュース