【東京新馬戦】キミワクイーン 圧巻の抜け出し デムーロも絶賛「センスあります。競馬が上手」

[ 2021年6月20日 13:40 ]

<東5R 新馬戦>新馬戦を制したM・デムーロ騎乗のキミワクイーン(右) (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 20日の東京5R・2歳新馬戦(芝1400メートル)は2番人気キミワクイーン(牝=奥村武、父ロードカナロア)がデビュー勝ちを決めた。

 好スタートからハナに立ち、道中は2番手を追走。手応えよく直線を迎えると、力強く伸びて抜け出し、最後まで他馬の追い上げを許さなかった。騎乗したM・デムーロは「スタートも良かったし、自分のペースでいけた。センスがあります。競馬が上手。他の馬に来られてからも、坂でグイッと伸びてくれた」と相棒を称えていた。

続きを表示

「2021 阪神JF」特集記事

「カペラS」特集記事

2021年6月20日のニュース