【ステイヤーズS】ボスジラ、飛躍期して挑む 国枝師「しっかり乗り込んで状態はいい」

[ 2020年12月2日 05:30 ]

 ボスジラは芝2600メートルの前走・丹頂Sでオープン初勝利。ここまでの5勝中4勝が芝2400メートル以上とスタミナ比べに自信を誇る。

 3600メートルは未知の距離だが「折り合いが難しい馬ではないし、適性はある」と国枝師。「体重は変わっていないが、しっかり乗り込んで状態はいい。春は重賞でひと息だったが少しずつ力をつけているので」と飛躍を期して重賞舞台に挑む。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年12月2日のニュース