【スワンS】カテドラル、“脱メンコ”効果 池添学師「末脚を生かせる外回りはベスト」

[ 2020年10月28日 05:30 ]

カテドラル
Photo By スポニチ

 京都土曜メインは改修前最後の重賞となる「第63回スワンS」。復調顕著なカテドラルが重賞初制覇を狙う。前走・朱鷺Sで鮮やかに差し切りを決め、約2年ぶりの勝利。池添学師は「刺激を与えるためにゲート裏でメンコを外して、その効果があったのかも」と振り返る。

 デビュー2連勝を飾り、昨春はNHKマイルCでも3着と好走した素質馬。「末脚を生かせる外回りはベスト。乗り慣れたジョッキー(福永)だし、楽しみはありますよ」。息を吹き返した今ならG2でも引けは取らない。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年10月28日のニュース