【天皇賞・秋】クロノジェネシス、春よりドシッと 斉藤崇師が淡々と「順調ですよ」

[ 2020年10月28日 05:30 ]

逍遙馬道で運動するクロノジェネシス
Photo By スポニチ

 今日の最終追いに向けて、クロノジェネシスは坂路で調整した。斉藤崇師は「日曜のCW(6F88秒2~1F12秒8)も無理はしていません。いつも通りの調整だし、順調ですよ」と淡々と口にする。

 宝塚記念を制して以来の実戦。「春から大きく変わった感じはないけど、ドシッとしたかな。成長したからなのか、間隔が空いているからなのか、落ち着いているけど、それもいいことでしょう」と悠然と構えた。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年10月28日のニュース