【天皇賞・秋】カデナ、田辺と新コンビ 中竹師「しまいは必ず脚を使う」

[ 2020年10月28日 05:30 ]

調教から引き揚げるカデナ
Photo By 提供写真

 カデナは先週、病気のため騎乗を見送った三浦に替わり、田辺との新コンビで臨む。新潟記念6着、毎日王冠4着と休み明け2戦を経てここへ。中竹師は「間隔が詰まっているし、体はできている。乗り手は凄く具合がいいと言っている」と状態の良さを強調。「とにかく馬場が良くないと駄目。しまいは必ず脚を使うから、あとは流れ次第」と週末の好天と末脚が生きる展開を願っていた。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年10月28日のニュース