桜花賞馬デアリングタクト 予定通りオークスへ

[ 2020年4月29日 08:03 ]

 デビュー3連勝中の桜花賞馬デアリングタクト(牝3=杉山晴、父エピファネイア)は29日に放牧先の宇治田原優駿ステーブル(京都府)から栗東トレセンに帰厩。日本ダービー(5月31日、東京芝2400メートル)参戦プランがあったがオークス(5月24日、東京芝2400メートル)を目標に調整を進めていく。杉山晴師は「順調ですよ。弘平(先週の落馬負傷で今週、騎乗を見送る松山)が乗れそうで良かったです」と語った。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2020年4月29日のニュース