【スイートピーS】オータム狙う4枚目樫切符 3歳牝馬豊作の手塚厩舎

[ 2020年4月29日 05:30 ]

オータムレッド
Photo By スポニチ

 東京日曜はオークスTR「スイートピーS」がメイン。1着馬にオークス優先出走権が与えられる。

 天皇賞・春連覇に挑むフィエールマンに期待が集まる手塚厩舎だが、現3歳牝馬陣も豊作。手塚師は「オークスは4頭出しになるかも」と期待を込める。桜花賞に挑んだマルターズディオサ、インターミッションに続き、フローラSで重賞初Vを飾ったウインマリリンも樫舞台へ。スイートピーSにスタンバイするオータムレッドもオークスを見据える。師は「現時点で440キロ(前走・阪神JFは418キロ)ぐらいあって、体も増えている。力はある馬なので」と目を細める。新馬→クローバー賞で2連勝を飾った素質馬。阪神JF(11着)は10キロの馬体減で基準外の敗戦だった。

 「先週は併せたウインマリリンより動いたぐらい。(新コンビの)武藤君ならマイペースの逃げでもいいかな」と手応え。昨夏北海道シリーズで席巻した瞬発力が全開なら、4枚目の樫切符も夢ではない。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2020年4月29日のニュース