【青葉賞】良血馬フィリオアレグロ、水曜追いで反応上々

[ 2020年4月29日 13:03 ]

 青葉賞に出走するフィリオアレグロ(牡3=堀)がWコースで最終追い。手綱を抑えたままで余力を持ってパートナーと併入した。森助手は「先週ジョッキー(レーン)が乗ってしっかりと負荷をかけたので、今週は疲れを残さないように反応を確認する程度でしたが、しまいの反応や動きは良かったです。休み明けでもいい仕上がりです」と好感触。

 2戦目で挑んだ前走・共同通信杯は3着。重賞でも十分に戦える潜在能力を示した。「昨日(28日)の馬体重は486キロ(前走は490キロ)。前走が太め残りでしたし、暖かくなって絞れてきました。一段階、上の状態で出走できると思います」と同助手。半兄にサトノクラウンがいる良血。ダービー出走権を懸けた勝負駆けだ。

 なお、青葉賞に登録していたサトノフウジン(牡3=堀)は回避し、鞍上レーンで次週9日のプリンシパルS(東京)に向かう。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2020年4月29日のニュース