桜花賞Vデアリングタクト 一夜明け元気な姿、さらなる成長に期待

[ 2020年4月13日 16:23 ]

桜花賞制覇から一夜明け、のんびりと馬房で過ごすデアリングタクトと池水助手
Photo By スポニチ

 G1「第80回桜花賞」を制したデアリングタクト(牝3=杉山晴)はレースから一夜明けた13日、栗東トレセンの自厩舎で静養した。

 担当の池水助手は「カイバも食べているし、元気いっぱい。強かったですし、勝てて素直にうれしい」と笑顔を見せた。エルフィンSと同様、大外から上がり最速の末脚を繰り出して追い込んだ。「競馬に行ったら一生懸命走ってくれますね。あの位置からよく届いたと思う。普段は扱いやすいけど気の強い性格。まだ背丈も伸びるだろうし、馬格のある馬になってくれれば」とさらなる成長に期待を込めていた。

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年4月13日のニュース