【忘れな草賞】マイティー連勝!次走オークスへ弾み「距離が延びても問題ない」

[ 2020年4月13日 05:30 ]

<忘れな草賞>直線、内から抜け出し勝利するウインマイティー(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 阪神9R、3歳牝馬オープンの忘れな草賞は3番人気ウインマイティー(牝=五十嵐、父ゴールドシップ)が差し切り、デイジー賞に続く2連勝。好位の内ラチ沿いを追走。直線、空いたスペースに馬体を入れて力強く前に出た。M・デムーロは「こういう(重い)馬場は上手。流れも良かった。いい瞬発力だった」と笑顔。五十嵐師は「作戦通り。馬混みはいいし瞬発力もある。距離が延びても問題ない。次走はオークスへ」。昨年はラヴズオンリーユーがここを制し、オークスもV。楽しみが広がる。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年4月13日のニュース