【桜花賞】逃走スマイルカナ 大健闘3着「力を出し切れた」

[ 2020年4月13日 05:30 ]

<桜花賞>3着となったスマイルカナ(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 戦法に迷いなし。戦前の宣言通り、一目散にハナを奪った9番人気のスマイルカナがハイペースを刻み、粘りに粘って3着。7頭の関東馬、そして6頭出走のディープインパクト産駒の中で最先着を果たした。柴田大は「枠が良かったし自分の競馬をして力を出し切れた。ノメることはなかったし馬場も大丈夫だった」と満足そうだ。母の半弟に同じくディープインパクト産駒のエイシンヒカリがいる血統馬。フェアリーS優勝馬が大きな自信をつかみ、これからも大舞台を沸かす存在となりそうだ。 レース結果

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年4月13日のニュース