【桜花賞】6着サンクテュエール ラスト止まった「この馬場で頑張った」

[ 2020年4月13日 05:30 ]

<桜花賞>6着に敗れたサンクテュエール(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 水を含んだ芝に切れをそがれた。3番人気サンクテュエールは2枠4番から道中、距離ロスなく運んだがグンと加速するシーンはなし。しまいはジリジリとした脚色で6着に敗れた。一昨年のアーモンドアイに続く、年明けのシンザン記念Vから直行ローテでの勝利はならず。ルメールは「ずっと内でスムーズ。ラスト100メートルで疲れてしまったが、この馬場で頑張りました」と馬をねぎらった。 レース結果

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年4月13日のニュース