【桜花賞】タクト生産した長谷川代表も興奮!エピファネイア産駒信頼「牧場では小粒だったが」

[ 2020年4月13日 05:30 ]

大外から差し切り無敗で桜花賞を制したデアリングタクト(手前)(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 デアリングタクトを生産した長谷川牧場、長谷川文雄代表はグリーンチャンネルの電話取材に「興奮しましたね。残り50メートルはみんなで大騒ぎですよ」と喜びを伝えた。血統背景を評価して母デアリングバードを繁殖牝馬セールで購入。新種牡馬エピファネイアをつけると「牧場では小粒だったが奇麗ないい馬」(同氏)に出たため、18年セレクトセールに上場。1200万円(税抜き)でノルマンディーファームに落札された。2歳牝馬のマオノジーナス(黒岩)も1歳の妹も共にエピファネイア産駒。偉大な全姉に続くか。 レース結果

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年4月13日のニュース