【大阪杯】ワグネリアン 休み明けも自信「臨戦過程が違う」

[ 2020年3月30日 05:30 ]

調教から引き揚げるワグネリアン
Photo By スポニチ

 ジャパンC3着以来となるワグネリアンが18年神戸新聞杯以来となる白星を目指す。昨年の大阪杯は、その神戸新聞杯以来の休養明けで3着。友道師は「今年も休み明けだが臨戦過程が違う」と自信ありげ。ここ4戦は1着こそないが、全て掲示板(5着以内)は確保。「ジャパンCも重馬場の中、よく頑張っている」。そろそろ結果が欲しいところだ。 大阪杯

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2020年3月30日のニュース