【大阪杯】マカヒキ ヒューイットソンとの新コンビ期待「新たな面を引き出してくれたら」

[ 2020年3月30日 05:30 ]

厩舎周りで運動するマカヒキ
Photo By 提供写真

 友道厩舎のもう1頭、マカヒキは若手ヒューイットソンとの新コンビで参戦する。鞍上はスプリングSを6番人気ガロアクリークで勝ち、JRA重賞初V。友道師は「癖のある馬ではない。新たな面を引き出してくれたら」と期待を寄せる。昨年の大阪杯(4着)は僚馬ワグネリアン(3着)と0秒1差。「2000メートルの距離はちょうどいいんじゃないかな」と指揮官は語った。 大阪杯

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2020年3月30日のニュース