【高松宮記念】ダイアトニック 不運3着…直線加速中にブレーキ「仕方ない」

[ 2020年3月30日 05:30 ]

<高松宮記念>不運な3着に終わったダイアトニック(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 ダイアトニックにとって致命的な不利だった。抜群のスタートを決め、好位の4番手。手応え良く直線に向き、残り100メートル。グッとスピードが上がったところで挟まってブレーキ。諦めず追い上げたが繰り上がりの3着までだった。北村友は「いろいろな思いがあって…。パッと一言ではまとめられません。複雑です」。言葉を選びながら語った。 レース結果

 前走(阪急杯)は2位入線も3着降着。立場が入れ替わる形となった。「降着があっても騎乗依頼があったことはうれしかった。(だからこそ)結果を出したかった」と悔しさをにじませた。それでも「4角に向くまでいい位置で運べた。直線の不利は痛かったが前走の内容が今回に生きていた」と前を向いた。安田隆師は「突き抜ける感じの手応えだった。運がない。仕方ないです」と肩を落とした。

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2020年3月30日のニュース