【高松宮記念】スーパーフレアV!オーナーはG1連勝「複雑ですけど感動した」

[ 2020年3月30日 05:30 ]

<高松宮記念>クリノガウディーの降着により繰り上がりで1着となったモズスーパーフレア(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 モズスーパーフレアのオーナー、キャピタル・システムの北側雅司氏(68)はテレビ観戦で愛馬のVを見届けた。「複雑ですけど感動しました。米国の馬で成功していて、この馬にも期待していましたよ」とフェブラリーS(モズアスコット=米国産馬)に続くG12連勝をかみしめた。「人気はなかったけど、うまく逃げ切ってくれました。できればワンツーが良かったけどね。松若君も音無厩舎もよく頑張ってくれました」と話した。 レース結果

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2020年3月30日のニュース