【高松宮記念】タワーオブロンドン 1番人気伸びず12着「こんな馬場で滑ってた」

[ 2020年3月30日 05:30 ]

 藤沢和厩舎のもう一頭、1番人気タワーオブロンドンは中団を追走し、ダノンスマッシュをマークしながら進めたが最後は伸びを欠いて12着。昨年のスプリンターズSに続くスプリントG1連勝は成らなかった。福永は「4角まではバッチリだった。満を持して追い出したがトモ(後肢)が外に流れた。手応えほど伸びなかった」と振り返った。藤沢和師は「こんな馬場で滑っていたね。また改めて」と言葉少なだった。次走は決まっていない。 レース結果

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2020年3月30日のニュース