【大村・モーターボート誕生祭】平本 G2初制覇!トップSから大差の圧勝

[ 2020年3月30日 05:30 ]

<大村・モーターボート誕生祭>優勝カップを手にする平本真之
Photo By スポニチ

 ボートレース大村の発祥地ナイターG2「第23回モーターボート誕生祭~マクール賞~」は29日、12Rで優勝戦が行われた。平本真之(35=愛知)がインから押し切ってG2初V。2着には藤山雅弘、3着には山口剛が入った。

 平本はインからコンマ09のトップスタート。悠々と先マイに成功すると、後続艇に大差をつけての圧勝。当地初優出で初V、そしてG2初Vを達成した。

 「風が変わってスタートは分からずに様子を見ましたね。天候の変化で不安はあったけど、山口(剛)さんにも出ていかれなかったし、抜群でした」

 手にした76号機を信頼し、節間ペラはノーハンマー。初日のドリームでは、カドからまくり差しで制し完全に勢いに乗った。2日目2、1着、3日目には連勝ゴール。4日目予選ラストの9Rでは、6コースから展開なく5着に敗れたものの、序盤の貯金が効いてシリーズリーダーの座は堅持した。準優→優勝戦逃げと王道のVロード完遂。優勝賞金450万円を加算し、早くも年末を意識する。

 「20年はグランプリを当然目指しています。今節勝てたので、調子を上げていきたい。ここからが勝負」

 次走は来月4日から始まる下関周年、5月には住之江で開催されるSGオールスターへ6年連続6回目の出場を決めている。そして6月に当地で開催されるG1周年の斡旋も入った。「いいイメージで来られると思います」。さらに賞金を積み重ね、戻ってきてくれるに違いない。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年3月30日のニュース