競輪&オート 3・11まで無観客開催 車券は電話、インターネットのみ発売

[ 2020年2月28日 05:30 ]

無観客開催を告知する立川競輪場                               
Photo By スポニチ

 競輪、オートレースを統括するJKAは27日、無観客でのレース(27日から実施)を3月11日まで行うと発表した。なお、車券は電話、インターネットで通常通り購入できる。

 スポニチ杯を懸けた27日の立川競輪と川崎競輪の最終日は無観客で開催された。立川競輪場では26日夕方から正面入り口に“無観客開催”を告知。27日は朝から立川駅北口に係員が“無観客開催”を知らせるプラカードを持って立った。「(27日)朝から50件を超える問い合わせがありました」(中村達也公営事業部事業課長)。立川競輪ではこの後、3月2~4日に開催があるが、引き続き無観客開催となる。

 S級決勝は吉沢純平(34=茨城)が逃げ切り、武田豊樹(46=茨城)が2着で師弟ワンツー決着。武田は「(吉沢)純平を抜きたかったけど強かった」と振り返った後に、自身が初めて走った無観客レースについて「何か違和感がありました。(ファンから)厳しい言葉、励ましの言葉があってこその競輪。“ファンの前で走るのはありがたい”と改めて感じました」と語った。

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2020年2月28日のニュース