【サウジC】ゴールド 1番ゲートに決定!年内は現役続行の見通し

[ 2020年2月28日 05:30 ]

サウジCに出走するゴールドドリーム
Photo By スポニチ

 サウジCに出走するゴールドドリーム(牡7=平田)が年内現役続行の見通しとなった。昨年末で引退する予定だったが、一転してサウジC→ドバイワールドC(3月28日、メイダン)へと参戦。さらに国内で続戦することになった。平田師は「普通に考えれば(ドバイの後は)3連覇が懸かる、かしわ記念(5月5日、船橋)にいくことになると思う」と明かした。かしわ記念出走なら一般的な種牡馬入りのタイミングを逃すことになり、年内は現役続行の可能性が高まる。

 直前に迫ったサウジCは1番枠(馬番は4)に決定。師は「最内なのでモマれないように運ぶことになる。ルメールが乗ってからスタートが良くなってきたので大丈夫でしょう」と1着賞金約11億円に意欲十分だ。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2020年2月28日のニュース