【根岸S】ミッキーワイルド ダート安定勢力 得意舞台で重賞初V狙う

[ 2020年1月28日 05:30 ]

 前走の霜月Sを快勝したミッキーワイルド。前々走のプロキオンS(2着)以来、2度目の重賞挑戦に挑む。上野助手は「前走後も変わらず順調。デビュー時と比べ、しっかりしてきた印象」と成長ぶりを伝えた。ダート戦は全て馬券圏内と安定感抜群。「1400メートルから1600メートルくらいが合っている。東京でもしっかり走ってくれている」。3勝を挙げる得意舞台で初のタイトル奪取を狙う。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2020年1月28日のニュース