【根岸S】キッキング 重賞連勝に照準「楽しみは大きい」

[ 2020年1月28日 05:30 ]

 昨年の覇者コパノキッキングが重賞連勝を狙う。上山助手は「東京への輸送は問題ない。結果を出している舞台。楽しみは大きい」と期待を膨らませた。1週前追いはCWコースで6F84秒6~ラスト1F12秒6を馬なりでマークした。「動きも感触も良かった。前走後は放牧に出したが状態はいい」と仕上がりは万全。昨年に続き、今年も名手・マーフィーが勝利へとエスコートする。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年1月28日のニュース