【カペラS】ゴールドクイーン、2キロ減は好材料 坂口師「変わらず順調」

[ 2019年12月4日 05:30 ]

古川吉洋騎手を背にCウッドでキャンター調整するゴールドクイーン
Photo By 提供写真

 「第12回カペラS」(8日、中山)のゴールドクイーンはJRA重賞初制覇を狙う。JBCレディスクラシック2着からの参戦。CWコースでの1週前追いは道中飛ばす形でラストは失速したが、これも個性。坂口師は「変わらず順調です」と意に介さない。今回と同じ舞台の前々走・ながつきSはハイペースで逃げて5馬身差の圧勝。「2走前だけ走れたら勝ち負けになると思います。(ながつきS57キロより)2キロ減るのも好材料ですね」と自信ありげだ。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2019年12月4日のニュース