【中日新聞杯】ミスマンマミーア 菜七子との新コンビで参戦、初の土日重賞連続騎乗

[ 2019年12月4日 14:14 ]

藤田菜七子
Photo By スポニチ

 自己条件(3勝クラス)と両にらみだったミスマンマミーア(牝4=寺島)は、藤田菜七子との新コンビで中日新聞杯(7日、中京)に出走することが分かった。寺島師は「50キロのハンデは魅力。乗れるジョッキーがなかなかいない中で、菜七子ちゃんが空いていたので頼みました」と明かした。

 この日の最終追い切りは、CWコース併せ馬で最先着。指揮官は「時計もしっかり出ていたし、動きは良かった。調子は良さそう」と感触を口にした。

 菜七子は日曜のカペラSで有力馬コパノキッキングとコンビを組む。自身初となる、JRAの土日重賞に連続騎乗する。土曜は伏兵ながら、メンバー最軽量の50キロを生かして一発を狙う。寺島師は「後ろから行く馬なので、やることは変わらない。来年につながるレースをしてほしい」と菜七子に託した。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2019年12月4日のニュース