アーモンドアイ、調教再開 国枝師「問題なくきている」

[ 2019年12月4日 05:30 ]

 香港カップを熱発で回避したアーモンドアイ(牝4=国枝)が3日、全休日明けの美浦トレセンでコース調教を再開した。角馬場から南Aコース(ダート)に移ってキャンター。見届けた国枝師は「日曜(1日)も角馬場で乗ったが、異常がなかったのでコースで調教した。次走は有馬記念を含めて未定だが、問題なくきている」と語った。「熱発は寒暖差や疲れなどの原因が考えられるが、ともあれ、すぐに熱は下がったし、回復している」と説明した。今後は有馬記念か、年内休養か。近日中に決まる見通し。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2019年12月4日のニュース