【シリウスS】ミスターX ダート2戦目タイムフライヤー本命!状態上向き必勝態勢

[ 2019年9月28日 05:30 ]

 阪神11R・シリウスSは芝の2歳王者タイムフライヤーを本命に指名する。デビュー13戦目で初めてダートに挑戦した前走・エルムSでは速い流れを追いかけた上、早めに仕掛けざるをえない厳しい展開に。それでも差し決着の中、直線では見せ場をつくって3着とタイム差なしの6着に粘り込んだ。ダート適性を存分に示したといえるだろう。

 父ハーツクライ、母父ブライアンズタイム。兄弟にはダートで勝利を挙げている馬もおり、血統的にもダートは合う。2戦目の慣れでさらに前進可能なはず。18キロ増だった前走を叩いて状態も上向き。菊花賞6着の実績から距離延長も全く問題ない。鞍上にルメールを迎えて必勝態勢だ。(2)から(1)(4)(7)(11)(12)。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年9月28日のニュース