【馬券道コバヤシ 特別編】28日阪神10R ジュランビル良績の阪神で仕切り直し

[ 2019年9月28日 08:00 ]

 栗東トレセンに詰めている時は施設のそばにある「愛駿寮」に寝泊まりしている。そんな寮の近くに、新しくもつ鍋の店がオープンした。その名も「どばい」。オーナーも競馬好きなのだろう。月曜日はオサムさんと訪れた。箸もお酒も進む進む。味もいい。気づけば具材の追加発注。夜の選択肢が一つ広がった。

 きょうの馬券の狙いは阪神10Rジュランビル。前走は初の中1週。左回りも初めてだった。そんな中で0秒7差6着。昇級初戦としては格好をつけた。今回は<1021>の阪神でコース替わりも歓迎だ。「間隔をとって休ませた。乗り込んだし、いい最終追い切りができたと思います」と寺島師。仕上がりも良し。千二で良績がある産駒だけに、1F短縮もいい方に向く。

 馬券は馬単で相手は○ラルムドランジュ、▲ブライティアレディ、☆イッツクール、以下△アスタールビー、タイセイブレーク、ブラッククローバー、ワンアフターへ流す。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年9月28日のニュース