【種牡馬馬体診断】サトノクラウン 非SS系で欧州特有重厚な体

[ 2019年9月18日 05:30 ]

鈴木康弘「達眼」特別編

欧州血統をそのまま体現したような重厚な馬体のサトノクラウン
Photo By スポニチ

 欧州血統をそのまま体現したような重厚な馬体。競走馬時代もタフな馬場に強いパワーホースとして知られていました。産駒にも馬力を伝えていくでしょう。非SS系だけにSS系の繁殖牝馬が軽快さを補ってくれる。父の重さ+母の軽さでどんな産駒が出るか。

 ▼父マルジュ 母ジョコンダ2(母の父ロッシーニ)7歳 19年種付け料100万円、種付け頭数207頭

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年9月18日のニュース