【種牡馬馬体診断】エピファネイア 名牝の血を伝える“闘争心”

[ 2019年9月18日 05:30 ]

鈴木康弘「達眼」特別編

血統と自身の競走成績は今年の新種牡馬の中でトップクラスのエピファネイア
Photo By スポニチ

 尾を上げ力み返った立ち姿。競走馬のように白目をむきながらカメラをにらみつけています。名牝シーザリオを母に持つシンボリクリスエス産駒。血統と競走成績は今年の新種牡馬の中でトップクラス。産駒に伝える激しい気性が闘争心に転化すれば大成するでしょう。

 ▼父シンボリクリスエス 母シーザリオ(母の父スペシャルウィーク)9歳 19年種付け料250万円、種付け頭数224頭

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年9月18日のニュース