【ラジオNIKKEI賞】追ってひと言

[ 2019年6月27日 05:30 ]

 ▼アドマイヤスコール(加藤征師)体調面は問題ない。前走で前で運んだことが福島1800メートルで生きてくれば。

 ▼ウインゼノビア(青木師)オークス(13着)は力関係というより距離適性もあった。疲れは取れたし、今回の舞台は合うので楽しみ。

 ▼ギルマ(高橋忠師)しまい重点で動きは水準。小回りの小倉でも勝っているし、中山の坂も克服している。いかようにも対応できるタイプ。

 ▼サヴォワールエメ(大江助手)やれば動く馬だけど、楽に51秒台が出ました。51キロが魅力ですし、期待しています。

 ▼ダディーズマインド(青木師)先週しっかりやったので、今週は内容重視の稽古。皐月賞(9着)に近い出来にある。

 ▼ブレイキングドーン(中竹師)この馬らしい、いい動き。好レースを期待。

 ▼ポルーニン(戸田師)前走後は短期放牧。順調にきている。福島がどうかだけど、しっかり脚を使えるようになっている。

 ▼マイネルサーパス(高木師)今日はサラッと。動きは良かった。ダービー(11着)の疲れは取れているし、コース実績もあるので。

 ▼ランスオブプラーナ(平田厩務員)余裕があったから、しっかりとやりました。放牧明けでどっしりとしてきました。

 ▼レッドアネモス(大江助手)楽な感じでいい時計が出ました。硬さがなく順調です。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2019年6月27日のニュース