【フローラS】16着ヴィエナ 菜七子悔し「もっと前を…」

[ 2019年4月22日 05:30 ]

<フローラS>16着に終わりガックリと引き上げてきたヴィエナブローに乗る藤田菜七子騎手(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 自身13回目の重賞挑戦となった菜七子は、15番人気ヴィエナブローで16着。外寄り15番枠から好位を狙うも、中団でなし崩し的に脚を使わされて直線では余力が残っていなかった。菜七子は「前めのポジションを取りたかったが、あの位置になりました。もっと前を取りたかった。能力はある馬だと思うけど、今日はかみ合わなかった」と悔しそう。林師も「ジョッキーはうまく乗ってくれたと思う。これだけの馬をやらせていただいているのに申し訳ない気持ちでいっぱい」と肩を落としていた。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年4月22日のニュース