【天皇賞・春】フィエールマン 菊と同じく「非常にいい状態」

[ 2019年4月22日 05:30 ]

 昨年の菊花賞馬フィエールマンはメンバー唯一のG1馬。ここは不動の中心となりそうだ。中間の様子について手塚師は「前走(AJC杯2着)は熱発もあったりしたが、今回は非常にいい状態で臨めそう。菊花賞と同じ出来くらい」と明るい。舞台に関しても「3200メートルはやってみないと分からないが、前回の2200メートルは少し忙しそうだったのでそれよりはいい。京都の外回りは一番合うしね」と歓迎していた。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年4月22日のニュース