【天皇賞・春】テッコン 1週前追い抜群「心身共にいい」

[ 2019年4月22日 05:30 ]

 日経賞を快勝したメイショウテッコンが初G1タイトル奪取に燃える。1週前はCWコースで6F83秒1~1F11秒6を馬なりでマークして、ヘルムヴィーゲ(3歳未勝利)に2馬身先着した。中塚助手は「併せ馬の方がメリハリがついていい動きをする。しっかりコントロールも利いていた」と動きに納得の様子。「馬体が増えて背中のラインが良くなっている。心身共にいいコンディション」と状態の良さを伝えた。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年4月22日のニュース