【フローラS】ディーヴァ 無念の2着…本番雪辱に闘志

[ 2019年4月22日 05:30 ]

<フローラS>ハナ差の2着に敗れた岩田康誠騎手のシャドウディーヴァ(右端)(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 直線で最内を狙ったシャドウディーヴァが無念の鼻差2着。それでもオークスの優先出走権は確保した。岩田康は「いい位置を取れたが、直線で前が空いていれば…。着差が着差だけに残念。でも最低限の優先出走権は獲れた。2400メートルの方がもっと乗りやすそうな馬だから」と本番でのリベンジに闘志。斎藤誠師は「馬群を苦にしない根性は本番でも生きてくると思う」と14年ヌーヴォレコルト以来のオークス制覇を見据えた。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年4月22日のニュース