菜七子、13度目重賞挑戦は先行策狙う「器用さを生かしたい」

[ 2019年4月21日 05:30 ]

取材に応じる藤田菜七子(撮影・平嶋 理子)

 藤田菜七子は20日、東京競馬場で9鞍に騎乗し、5R(ハッピークラッカー)の4着が最高だった。続けて東京で騎乗する21日は7鞍がスタンバイ。メインのオークストライアル・フローラSはヴィエナブロー(牝3=林)とのコンビで自身13度目のJRA重賞に挑む。「出していっても掛からないので器用さを生かしたい」と話しており、前残りで樫切符をゲットする算段だ。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2019年4月21日のニュース