【マイラーズC】モズアスコット今季初戦は7着 ルメール「スーパー速い脚はムリだった」

[ 2019年4月21日 16:58 ]

 叩き良化型らしく休み明けがこたえた。道中、中団で脚をためたモズアスコット(牡5=矢作、父フランケル)はスローペースのヨーイドンで上がり3F32秒8を計時。上位陣がそれ以上に速い脚を使う展開にも泣いて7着に敗れた。

 ルメールは「ここ2走と違ってスタートが良かったし、頑張ってくれたけどスーパー速い脚はムリだった」とお手上げ。矢作師は「やっぱり休み明けは難しい。それに物理的にあの位置からでは厳しかった」と振り返る。今後については「使えば使うほど調子を上げてくるから」と連覇が懸かる安田記念(6月2日、東京芝1600メートル)の前にもう1戦、京王杯SC(5月11日、東京芝1400メートル)を挟むプランを示唆した。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2019年4月21日のニュース