【桜花賞】3着ジェネシス リズム乱れ伸び切れず「もったいなかった」

[ 2019年4月8日 05:30 ]

 3番人気クロノジェネシスが3着。坂を上がってからの伸びは目を引いたが、直線を向いてから前も空かず、やや不運に映る敗戦だった。「スタートは良かったが、3コーナー手前で外から寄せられてトモを落とした。これで少しリズムが乱れた。もったいなかった」と北村友は悔しそうに振り返った。前半、行きたがりそうになったが、すぐに折り合った。ただ、結果的に内枠が厳しく、終始、プレッシャーを受けながらの競馬となった。次走はオークスとみられる。東京競馬場で伸び伸びと走り、逆転といきたい。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2019年4月8日のニュース